【2017年】買ってよかったおすすめを一挙紹介!

ニューヨークで9/11メモリアル博物館に行ってきたぞ。無料で入る方法は?

こんにちは。Kaito(@kazuka000)です。

ニューヨークを旅していたときに、あのテロの標的になってしまった世界貿易センターの跡地にあるメモリアル博物館に行ってきました。

2001年9月11日午前8時30分。ニューヨーク、快晴――。
2001年9月11日は「アメリカ同時多発テロ」が発生した日。大都会ニューヨークの中心で起きた悲劇に、世界中が震撼した日です。

あの日を忘れないようにと、追悼を込めて作られたのがこのメモリアル博物館であります。

9/11メモリアル

この四角の形をしたところが、世界貿易センタービルが建っていた場所です。

世界センタービルはツインタワーだったので、この隣に同じものがもう一つあります。

綺麗な滝のようになっていてノースプールとサウスプールという名前がついた慰霊碑になっています。

これが建物がまるまるあったところと考えると大変遺憾です。

このエリアは「9/11メモリアル」という名前がついている公園になっていてここまでは無料で見ることができます。

この写真のように、犠牲者の名前が刻まれていて、中には花が添えられているところもありました。

9/11メモリアル博物館

入場すると厳重なセキュリティチェックがあります。

がっつりすべての荷物を持ったまま行ったので、面倒でした。

注意
水以外の飲み物は持ち込み禁止となっているので注意です。

僕はセキュリティチェックで引っかかって注意されました。

「なんかハサミ持ってる?」と聞かれてNOと言ったのですが、すぐに身だしなみようのちっちゃい眉毛のハサミが入っていたことを思い出して出すと見逃してくれました。

9/11メモリアル博物館に無料で入る方法はあるの?

はい、あります。

火曜日の夜は無料で入ることができます。

あまり知られていないので、知っているとオトクですよ。

夜と言っても、午後4時から無料のチケットが先着順で配布されます。

これを無事にゲットできると無料で入れるというわけですね。

公式では、4時に先着順で配布、5時から入場となっているのですが、専用に並ぶところがあって5時よりは少し早く入れましたね。

普通の料金システムは以下のようになっています。

 大人24$
シニア(65歳以上)18$
学生(米国内のみ)18$
7~17歳15$

展示

まずは、どでかく説明されていてインパクトがあります。

どこから飛行機が来て、何時にどこに突っ込んだか詳細に書かれています。

ミュージアムのデザイン全体が現代的でおしゃれにはなっています。

多くの人が見入っているので、一緒に解説を見ていきましょう。

この写真は、世界貿易センタービルに航空機が激突する15分ほど前に撮られたものだそうです。

こんなアメリカのNYを象徴するビルが2つも無くなったと考えると恐ろしいです。

実際に地下に残っている建物の土台となっている部分です。

「大惨事が起きる直前にニューヨークの街並みを撮影した写真」

「崩れ落ちる前と後を対比させた写真」を見ることができます。

この鉄骨が、本当に使わていて残っていたものです。衝撃と鉄でここまでぐにゃぐにゃに曲がるのですね。

犠牲者の方々の写真が映し出されています。

生存者の階段

この階段のような石段は「生存者の階段(Survivors’Stairs)」と呼ばれており、この階段を使った人だけ、生きてビルから脱出することができたそうです。

古代ローマの詩人である「ウェルギリウス」の言葉である

”NO DAY SHALL ERASE YOU FROM MEMORY”というインパクトのある壁画となっています。

ビルの上にあったアンテナの残骸も展示されています。

そのほかにも、ビルの崩壊の際に破壊された消防車など、9/11の凄惨さを感じることができます。

様々な思いが頭の中に巡ってしまいます。

最後は一転して、明るいものが置かれていて、国民の平和への希望が詰まっているように感じました。

まとめ

このテロはアメリカの自作自演ではないのかといった様々な憶測もあることも事実ですが、このメモリアル博物館に行くとすごく悲しい気持ちになりました。

事実はどうであろが、無くなった人が多くいて、凄惨な姿に成り果てた跡地には悲しさを覚えずにはいられません。

今一度、戦争やテロについて考えなければならないのではないかと思わされました。

ニューヨークに来ることがあればぜひ立ち寄っていただきたい場所ですね。

9/11メモリアル博物館では、iPhoneやAndroidのアプリで「公式オーディオガイド」が無料で使うことができるので事前にダウンロードしてから行くとより楽しむことができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です