買ってよかったおすすめグッズはこちら!

メキシコのシウダーフアレスに入国in国境の街エルパソ|治安は危険?

こんにちは。Kaito(@kazuka000)です。

エルパソに旅行で来る人は少ないはと思いますが、なかなかエキゾチックな場所なので来てみると楽しいです。

ちなみに今回の記事での中心の話題ですが、アメリカのエルパソというところから、メキシコに簡単に入国することができます。

まず、エルパソが舞台のバイオレンス映画の傑作ノーカントリー。原題は「No Country For Old Men」となっています。原題で調べたらアメリカのAmazonが出てくるから最初はびびりましたが、日本語バージョンもあるのでぜひ。

これは超傑作なのでエルパソ行くなら見たほうがいいです。

さて、メキシコはホットな国なので、バックパッカーの聖地とも言われていますし、近年旅行者も増えています。
アメリカ一周で僕みたいについでとして行こうとするのだけではなく、メキシコに行ってみることもいい経験だと思います。

僕もせっかくエルパソに来たので、メキシコはほぼ目の前!ということで、そのメキシコの街シウダーフアレスに行ってみようと思いました。

しかし、ホストに「メキシコに行ってくるね」というと顔が変わりました。

あれ??

まずエルパソから入れるメキシコの地区がシウダーフアレスっていうところなんですが、ここがなかなかの曲者なんです。

すぐそこにあるのに。。。ここから少し説明を。

シウダーフアレスとは

メキシコのシウダーフアレスへと続く国境の橋であるサンタフェ橋を渡るとすぐにメキシコです。

ここはメキシコ・チワワ州最大の都市なのですが、、、麻薬がらみの事件が多発し、治安がとても不安です。

警察が麻薬グループに屈服した都市であり、本当に危ない。

世界で危険な地区ナンバー1にもなったことがあるそう。

「戦争地帯を除くと世界で最も危険な都市」とも恐れられていた。しかし2012年にホンジュラスの都市サン・ペドロ・スーラに抜かれ、現在「世界で2番目に危険な場所」になっている。

出典:シウダー・フアレス – Wikipedia

でもメキシコ自体は近年、めっちゃ人気のある国で物価も安くいい国なので全部が全部危険というわけではありません。

気候だけでなく、人柄もHOTなので行くと楽しいのは間違いないです。

しかし、ここシウダーフアレスだけは最強に危ないらしいので気を付けて。

(近年はマシ←になっているそうですけど)

メキシコ・シウダーフアレスへの入り方

国境の橋を渡れば気軽に入国できます。

ただし注意する点が1つ!!!

橋は一方通行だそうで、途中まで行くと戻れないそうなので「怖いし、入国はやめておこう、見るだけ・・・」という人は気を付けてください。

  • エルパソ→シウダーフアレスはめちゃ簡単。
  • シウダーフアレス→エルパソは少し面倒

まず橋を再び渡るときに、チップか賄賂かわからないが、ペソで少しの金額を払わないといけないです。。

US$でもいけるのでご安心を。

また、50セントくらいで通れるので、もめずに払いましょう。

あと、メキシコ→アメリカへの入国は麻薬ルートがあるだけあって、入国審査厳しいのでご覚悟をしてくださいね。

まあ日本人だと楽にいけるはずなんですけど気持ちは緩めずに。

あと写真撮るのはやめていたほうがいいかも。消せと怒られますよ。

ばれずに撮るか、びびってやめるかの二択です。

シウダーフアレスへの入国は

メキシコに入りたかったのにホストの人に気軽に行くのはおすすめしないと言われGIVE UP。

いやいや命張るほどメキシコ行きたいって思ってないもん。
単純にメキシコにも入ったらかっこいいし、物価安いはずやからごはんいっぱい食べれるっていう安易な考えだったのです。

ホストにもおすすめはできないと言われたしね。

近年はましになったって言われるけど危ないのは変わらないって。

日本が安全すぎるので平和ぼけしている日本人にはやばいって言われました。

まあ「リスクを冒したところに真の楽しさがある」みたいなかっこいいこと言おうとしたけど

海外初心者の私には荷が重いっす。まあ入国しようと思えば橋わたるだけなのですぐですよ!

物価も安いのでホテルも安いのがいいですね。

ホテルに泊まるときはエルパソの方がおすすめですが、どうしてもシウダー・フアレスに泊まりたいという勇気のある方でも評価の高いホテルを泊まるようにしましょう。

※最近、あまり治安のよろしくない気配があるので注意。

出典:記者殺害され新聞廃刊に メキシコ – BBCニュース

スポンサーリンク


 

 

エルパソのおすすめ観光地

エルパソからいけるとこでいいところあるんですよ。
車あったらいけたのにー。

私はホストに連れて行ってもらうことを期待してました(笑)

仕事だったので無理でしたが!

シーニックドライブ


夜景がきれいな場所でおすすめ。

バスではいけないので注意。

カールスバッド洞穴群国立公園


※参照カールズバッド洞窟群国立公園 – 「だいち」の目でみる世界遺産

エルパソから3時間半ほど車で東に行ったところにある巨大な鍾乳洞。

ホワイトサンズ国立公園

エルパソの北東150㎞に砂丘が広がっています。

こんな真っ白で美しいところが砂漠とは信じられません。

あと、UFO好きにはロズウェルという町もおすすめ。

出発

ここからは日記なので読み飛ばしてくれていいです。

エルパソのおすすめ観光&グルメ!アメリカ縦横断の旅

朝の弱い私はホストの朝早くの出勤には間に合わず、、、それでも感謝を表すために手紙を書いておきました。。。

でも問題発生。

朝起きるとわんこが部屋のドアをめっちゃたたいているんです。。

怖い。。

犬飼ってないのであんまり詳しくないのですが音がやばい。暴れすぎやろ。って感じ。

起きても部屋に入ってきて暴れられたら困るのでじっと待ってました。(部屋が荒れたら俺のせいになるしね)

準備が完了してもまだ扉の前で暴れとる。。。

まあめっちゃ懐かれたんですけど、痛いからいやなんだよ。。

あ、そうそう個室用意してくれたんですよ!!

なんでこんなに好かれてるねん!!!!ってくらいわんこは離れません。

たぶん一日目におしっこかけられたからすでにマーキング済みなのか。。。

もうしゃあないので扉を出ました!

前後ろともリュック背負って武装ずみなので戯れられてもいたくないです!!

俺賢い(笑)

でも喜ぶのはまだ早かった。。。

すぐ横がホストの部屋なんですけどわんこが散らかしてひどいありさま。。。

これは俺が悪くないとアピールせねばと手紙に犬がやったと書いておきましたが信じてくれてないんだろーなー。

まあいいや。しつけをちゃんとしてないほうも悪いしね。

急に庭に穴掘り出したりとよくわからない行動も多々あったし(笑)

それでもお別れの時は悲しいぜ。

かわいかったしね。

この辺の家はやっぱり閑静で大きくていいなーと再認識。

バス待ち

バスなかなか来なくてうろうろしてると

こんな汚い川と呼べるのかよくわからないものを発見。

暑すぎるせいで干からびてるんですね。でもねこんなところにも魚がいっぱいいたんですよ。

汚いのに頑張っている姿に感動。

うん、残りの旅もがんばろう!!そう決めました。

そういえばせっかく買ったパスをまた落としました(笑)

何回バスチケット落とすねん。

でもなんか学割あること発見して1ドルで乗れたからいいとしよう。

再びウォルマート

またまたウォルマートにやってきました。

バスの時間が早かったのでここくらいしかよるところがなかったんです。

(早く起きろとか言わないでください)

これの何十倍も大きさあんですよー。びっくり

自販機も日本と全然違うくておもろい。

こんなタンドリーチキンも5$でした。

もしかしたらもうちょっと高かったかもしらん。

こっちでさんよーを見るとはなんとも。

安いのか高いのかあまりわからん。

結局買ったのはピザ。

これが5ドルで買えるというチョー安い。

これをバスの中で食べるという横暴さかましました(笑)

かごもびっくなんです。

サンアントニオへ出発

そしてサンアントニオへグレイハウンドで行きます。

まあだいぶ慣れたのでバスも余裕です。

しかしある出来事が!!!

途中で警察によるチェックがあったんです。

バスが急に止まって

警察だ!!!!

パスポートを見せてもらおう。全員出せ!!

って映画みたいやんと思いながらもちょっとびびってました(笑)

みんなめっちゃチェックされます。荷物も全部出せって言われていたので

えーやべー

ていうかめんどくさいなーと思っていました。

でも自分の番になると

警察「パスポートプリーズ」

私「ヒアユーアー」

警察「お!日本人なんだ!日本めっちゃいいよね。どこから来たの?」

おいおい急にめっちゃフランクに変わるやんと驚きながらも

私「あいむ ふろむ 京都」

警察「クール!!!!めっちゃいいやん。アメリカ楽しんでね!」

日本のパスポートの強さというか日本ブランドの強さを感じたときでした。

入国するときは検査あると思いますが、メキシコの国境らへんを走っていたので検査があったそう。

麻薬の密売など多いからだそうですね。

髪の毛が南米系やったり顔が黒人だったりするとめっちゃ検査されてました。

差別とは思わないけどこういう差はあるんですよね。

ちゃんとしてたら不当な仕打ちは受けないんでセーフですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です