Amazonがセールで安くなっていてお得だぞ!

音楽の街ニューオーリンズ!おすすめ人気観光地&グルメ

はい、こんにちは。

ついに待ちにまったニューオーリンズです。

音楽の街で有名なニューオーリンズに行くことを楽しみにしていました!!

いやージャズの聖地ですね。

ジャズあんまり聞いたことなかったので聞いとけばよかった。。。。

でもね、最初は生半可なものを聞いたり見たりするよりは本物を最初に見たほうがいいからね!!これ持論ですw

ということでメガバスを降りた時からわくわくしていました。

まずはこのようなCUTEな路線バスでホステルまでGO

一日券で3ドル、3日券で9ドルなので安いんですけど、別に3日券はお得ではないです。

よくなくすので普通に一日券買いました。3日券はバスに乗ってからは買えなかった気がする。

ニューオーリンズのおすすめホステル「インディアンホステル」

まあなにはともあれ、ホステルに到着です。

でも南なだけあって、町も黒人が多くて少し怖いです。

(黒人が怖いのではなく、黒人が多い街の雰囲気が少し違う感じなんですよねー)

ニューオーリンズは安全な街って聞いていたので、スタッフの人に聞くと、「けっしてそんなことはないから安心はするなよー」とのこと。やはり。

とりあえずここのホステルは交流の場として評価が高かったので期待です!

※めちゃめちゃよかったです。おすすめすぎる

ホテル探しならここをチェック

エクスペディア
海外旅行はエイチ・アイ・エス
booking.com
agoda

市内観光

町を出歩くとこのような破壊された後が多くありました。

これはカトリーナ(ハリケーン)で大被害を受けたんですね。

今でも復旧してないところが多くありました。

ホステルもインフラ完璧じゃなかったし。

こういうのを感じるとインフラの企業の大事さがしみますね。

ニューオーリンズに来たら外せないフレンチクォーター地区です。

名前からするとフランス系か!と思いますが、家の大半はスペイン人によって建てられたそうです。

そのため街並みはヨーロッパの雰囲気を感じるよきものとなっています。

こんな感じでおしゃん!

このように通りに張り出したバルコニーと鉄レース細工を施したフェンス、’’バティオ’’と呼ばれる中庭があります。

セントルイス大聖堂

現存する大聖堂としてはアメリカ最古らしいです!!

ニューオーリンズのランドマークといっても過言ではない。

近くの高台から撮ってみました。

きれい!けど青空やったらよかったのに。

中にはステンドグラスなどいろいろあるので見学するのもいいだろう。

いろいろな場所でこのような絵が売られている。

さすがアート大好きな町だな。

というより南がアート大好きな雰囲気だと思ったのは俺だけか?

カフェ・デュ・モンド

はい、本日の最大の目的はここです。

ベニエというドーナツの元祖のお店です。

おそらくニューオーリンズに来たことのある人は絶対来ている場所ではないでしょうか。

うまい!!

コーヒーとセットで6ドル。(チップ込)安いのか高いのかわからん。

粉砂糖とさくさくの歯ごたえがたまりませんな。

でも一つ文句があります。

レビューにもよくあるんですが、ウェイターの態度が悪すぎる。

待機してる人たちはいつもチップのお金数えてるし、いろいろ態度悪いし。

ふつうはお金多めに出したら、「そのままどうぞ」といえばそれにチップ含んでるから受け取ってと意味になるんですけど、なにも言わんかったのに1ドル勝手に引かれてたは(笑)別にいいねんけど礼儀はちゃんとしてくれー。って日本ほどマナーしっかりしてるところはないねんけどね。日本のマナーを感じてたらチップ払いたくねーってなっちゃう。

でも外人のみんなも文句言ってたから相当ひどいほうに入るんやろなw

すぐそばはミシシッピ川なので行ってきました。

いい眺め。でもこいつが氾濫したなんて考えられねえな。

そして近くのフレンチマーケットにやってきました。

200年以上の歴史を持つ市場だぜ。

野菜やフルーツ、その日に陸揚げされたカキなどが店頭に所狭しと並べられている。

それだけでなく、観光客用目当てのギフトショップもたくさんあり、値段も安かった。

カキとかめっちゃ食べたかったけど、食べたばっかりだったから我慢。

ホステルからわりと遠かったからまた気力はないと思うけど。。

町をぶらぶらしていると、絶対に行きたいと思っていたジャズの聖地プリザベーションホールを発見。古すぎてなんかこわい。場所は覚えたぜ。

音楽の銅像があるほどやはり好きなんだなーと思えば

昼からいたるところで音楽をやってました。↓

パワフルで、普通に聞く価値があるほどうまいです。

これなら昼間からぶらぶらしても暇になりません。

バスに乗るとコスプレをしたおっちゃんが。。

今からチップを稼ぎに行くんですね。

やっと夜になりました。

昼と夜とでは町の雰囲気ががらっとかわります。

まず腹が減っては戦ができぬ。ということでディナー。

ちょっとおしゃんなところに入ってみました。

ニューオーリンズのホステル安いからね。その分をまわすぜ!

頼んだのはニューオーリンズ有名のオイスター!

新鮮でめちゃうま。

そしてガンボ。

とろりとした、ルウをベースとしたスパイシーでホットなスープ。

アメリカで食べた料理の中でこれが一番おいしかった。

二つあわせて20ドルほどだったからまあまあまあ。

夜のバーボンストリートはクラブの嵐みたいな感じで、

お酒を飲みながらはしごして楽しむというスタイルです。

外でもいろいろパフォーマンスしていますが、こんな音楽隊まで来てびびった。

雑貨屋さん入ったら、こんな面白そうなものもあって◎

なにかは秘密。

やはりアメリカはこのようなコスプレがいっぱい。

これでけっこう稼げるならいいのかもね。

ホラーツアー

サンアントニオでニューオーリンズに行ったらこれがおすすめと言われたので、

ネットから申し込んでいきました。

けっこうお化け屋敷に行くのかなと期待していると、、、

なんという期待外れ。。。

というか歴史好き系にはいいのかも。。

というのも心霊現象があるとかではなく、昔なんかあった場所に訪れて

外から説明してくれるというツアーでした。

 

でも、ここでムービーを撮っていたほかのお客がなんか映ってるって大騒ぎしていました。光の玉がゆらゆら映っていたのでもしかしたらなにかあるのかも。。。

こんな風にお化けが出るからって売りに出されているアパートもあって

ニューオーリンズおもろいけど。

最後はお化けらしく、びっくりな終わり方。

と思えば、、、

種明かしです(笑)

見返すと、きちんとHAUNTED HISTORY TOURSって書いてましたね。

ニューオーリンズのバーボンストリートでは馬に乗った警察が見れるのでポリスファンのかたはぜひ。

アウトレット&ビールフェスティバルinニューオーリンズの旅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です