【Amazonセール情報】Kindle本が安くなってるぞ!

電通「高橋まつりさん」の過労死は日本の体育会系の考え方によるものなのか?

f:id:interactive000:20161008184914j:plain

はい、こんにちは。Kaitoです。

最近世間の注目を浴びているのが電通の東大女性社員の過労死です。

まず最初にお悔やみ申し上げます。

これはニュースを見て知りました。多少の誇張もあるかもしれませんが、激務激務激務で睡眠時間2時間の生活というのは想像もつきません。とてもしんどいというのは容易に想像できます。

個人情報どうなってんねんとも思いましたが、被害者の高橋まつりさんのTwitterの情報から推論しているブログがあったので貼っておきます。

menhera.jp

このTwitterの情報が正しければとても忙しいことになりますね。

ホリエモンも知り合いの電通社員はびっくりするくらい働いているとツイートしていました。私も電通・博報堂は華やかさとは裏腹に超激務であると先輩から聞いていました。

私は死にそうになるくらいまで働きたくなかったので(Googleだけ受けましたが、)基本的に広告業界に対して就活はしませんでした。

そこまで実力なかったからやろーとかは言わないでくださいね(笑)

長谷川秀夫炎上事件

matome.naver.jp

この記事にまとめられているように、武蔵野大学の長谷川秀夫さんが今回の高橋まつりさんの過労死を受けて、自殺は情けないとおっしゃりました。

うーん、トップに立つ人がこのような発言をしてはいけないと思いますね。

こういう人がトップに立つことが日本では今でも多いので、いわゆる体育会系の人が生き残り、今回のように耐えきれない人が切り捨てられていくんだろうなと想像できます。

時代は変わっているのでもっとフレキシブルに、もっと効率よくスマートに働くスタイルに変わっていってほしいですね。

オーストラリアなどは午後3時帰るくせに日本より稼いでいるという事実も悲しい。

私のサークルと比較して

私が大学時代に所属していたサークルのことを思い出してしまいました。

まあサークルなのでそこまでガチではないだろう、体育会系よりはましだろうと入りましたが、まあひどかったですね。

某大学で某スポーツの伝統ある強豪チーム(関西でも1位になるほど)なのですが、今回の電通と似たところがあるのかなと。

例えば1週間ほどある合宿では、朝9時から夜6時頃まであるのですが、その前日の夜8時から深夜3時くらいまでミーティングがありました。練習メニューの確認がメインなのですがそんなの自分で見ればなんとかなるし、すぐ終わります。それをだらだら何時間も夜遅くまでするので苦痛です。またその後朝まで飲み会がありそこから1日中練習です。

一応、飲み会は任意ですが行かないといけない雰囲気がありますよねw

とまあ、こんなことしてると猛暑なので熱中症で倒れる人がけっこうでるわけです。

これはだめだと思い運営側に携わることができたのですが、さらに過酷だったんですよね。

まずこういうのは無駄、非効率なので変えるべきだと言っても、伝統だからの一点張り。運営メンバーを説得できても、上の代に回され却下。これが繰り返されるもんだからみんな何も言わなくなりました。

そりゃそうか、こうやって歴史は繰り返されるのかと納得しました(笑)

少し電通と比較

電通でも頑張ってる姿勢が大事で1つの案でも提出までずっと考えることが大切と上の記事でありましたが、合宿までの1週間つめこみで案をずっと考えなければなりませんでした。上に提出してももっと頑張れとのこと。結局ぎりぎりで許可がおりるのですが、前のほうがよかったんじゃないか。と思わざることが多かったです。それもそのはず、徹夜続きで最後の合宿前日くらいに決めるのでみなさん頭が働いていません。また上が許可するかどうかなので上の人のなんとなくで決まってしまうんですよね。

それから合宿が始まり、また一週間ほとんど寝ずに毎日練習と試合を繰り返しました。

1週間で睡眠時間10時間は切っていました。がんばったな俺と言いたかったですw

合宿以外の普段でも忙しいのは忙しいのですが、さすがに合宿以外ではここまで睡眠時間が削られることはなかったので助かりました。けど考え方や雰囲気は変わらなかったのでやりづらかったですね。

無駄なとこは省きたい性格なのでけっこう改革案みたいなものを出しても却下。そしてそういうことばかり言ってるので、もっとまじめに(宗教チックだと思っていましたが)やっている人、これが当たり前だと思っている人からはすごく白い目で見られていたのが悲しかったです。

こういう風に出る杭は打たれるというのが日本では普通だと思うので、周りに非はないかもしれませんが、生きづらいですね。たぶんまじめグループには嫌われていましたw

なんかこういうことだけ書くと、こいつは集団行動できないやつだとか思われそうですが、高校まで野球部で友達も多いほうだと思うので普通のやつだと思ってください。

野球部だったのでむしろこういう風習には耐性はあります。

単純に時代の流れ的にこのような体制がたかがサークルであるというのが後輩にもかわいそうだと思ったので変えたかっただけです。(変えれませんでしたが)

いやーこのような環境が普通のところは耐えるしかないんですよね。高橋まつりさんの気持ちもわかります。

僕のように反発しても白い目で見られるので、嫌われるだけでなく、会社だと出世もできなくなるんですよね。

たかがサークルでもこのような環境はあるので、部活だともっとあるでしょうね。

そのような環境の連鎖が今の電通のような風習を生んだのでしょう。

電通の事件は氷山の一角であり、まだまだ電通内で苦しんでる人もいるでしょうし、まして他の会社でも多くあると思います。しんどそうな話もけっこう聞きます。

うちの会社はみんな楽しそうでよかったーと思います。

最後に死にそう、死にたいと思うようになればやめてください。命より大切なものはありません。生きていればなんとかなります。

乗り越えなければならないしんどさもあるとは思いますが、限界だと思ったときは誰かに相談してください。またしんどそうだと見える人がいたら話を聞いてあげてください。

これはこれからの自分に対しての言葉でもあり、みなさんへのメッセージだと思って下さい。えらそうにすいません。

拙い文章でしたが、ここまで読んでくださってありがとうございました。

2 Comments

kame710

こんばんは。
ほんとに、おっしゃる通りです。私はまったく同じ思いです。強くうなづいています。

返信する
interactive000

こんばんは。
共感していただきありがたいと言ってはいいのかわからないですが、こういう事件が起こって悲しく思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です