【Amazonセール情報】Kindle本が安くなってるぞ!

【必要】ロードバイクを購入して買うべきおすすめグッズ・装備・アイテムまとめ

こんにちは。Kaito(@kazuka000)です。

ロードバイクやクロスバイクを街で見かけること多くなってきましたね。

かっこいいロードバイクに乗りたい、チャリ旅で日本を縦断したいなど様々な理由で乗り始めたと思いますが、そこでこれだけは買っておいて損はないロードバイクやクロスバイクにおすすめのグッズを紹介したいと思います。

グッズを揃えることによって、よりよい自転車ライフがおくれるようになりますよ!

レースに出る人向けではなく、街乗り・チャリ旅がメインだと思っている人向けに書きたいと思います。

これだけは買っておけ!おすすめ7選

おすすめ自転車用ライト

ライトは必須です。というか捕まります。

そこで、ライトを買わないと・・となるのですが、ライトこそ気を使ってほしいです。

まずこのライトなのですが、意外と種類が多いです。

まず電池式とUSB式があります。

ライトを選ぶ際に重要なのが、どのタイプか、電力の違い(ライトの明るさ)、そして重さです。

基本的に電力は電池式>USB式が多いです。

しかし、電池式のほうが重くなるし、電池の費用がかさばります。

そこでメリット・デメリットを照らし合わせて考えてほしいのです。

私個人的には、街乗りが多いのならUSB式で十分だし、電池交換がないので費用がかさばらず楽という点でUSB式をおすすめします。

この2つのどちらかならいいと思います!私はオウルアイのを使っています。

評価はキャットアイのほうが高いかな。

しかし、夜の田舎や山道を走る場合が多い場合は電池式をおすすめします。

全く街灯がないとなるとけっこうきつい場合がありました(経験談)

まあ夜の山道は危なかったのであまりおすすめしませんよー。

そういう場合はこちらがおすすめ。

まあ最近はUSB式型が主流なのと、400ルーメン(明るさ)もあれば十分だと思います。

あとは後ろのライト、通称リアライトもつけたほうが安全性が高まる。

ちなみにバックライトは赤色と決まっているので注意。

赤色は追いかけたくなる気分にさせる効果があるらしく、前につけると危険なので注意。

リアライトはあまり気を使わず定番のものでオッケーです。

自転車の鍵・ロック・チェーン

まず念頭において置きたいのが取られない鍵はありません。

じゃあなんでロックをするのかというと、できるだけ盗みにくくするのです。

特殊な電動工具を使わないと切れなかったりだとか、切るのがめんどくさいだとか。

盗人は基本的に短時間で盗まないといけないので、時間がかかりそうとなれば盗まない傾向があるんですね。

なので、この鍵の部分ではあまりケチらないほうがいいと思います。

ロードバイクだと10万円を超えるのもざらなので、盗まれるとまじで泣きますよ。

絶対に盗まれたくない人は

クリプトナイトのU字ロックにするべきです。これはまじで盗まれないです。

一度京都の四条に放置してたら、がっつり盗まれそうというか、こじあけようとした跡があったほどでしたが守ってくれました。

ただめちゃめちゃ重い。重くて嫌になったので下のABUSに乗り換えました。

これはダイヤル式で鍵もないのでよいです。でもABUSでも高レベルのセキュリティレベル7なので重いのは重いです。

まあ普段の街乗りで盗られないと考えるとお安いものです。

約4年ほどロードバイク使っていますが、幸いにもまだ盗まれていません。

これだけいいのをしていても盗まれる時は盗まれます。

ロックの仕方もいろいろあって、特におすすめなのは地球ロックです。

地球ロックとは、鍵を何かと自転車を同時にくくりつけることです。

これをすると盗みにくくなるのでしたほうがいいです。

あとは、ロックする位置をできるだけ高くすることです。

高い位置にあると体重を使って切りにくくなるそうです。

と、出来る限りの対策はしてください。

最近は二刀流も流行っており、軽い下のU字ロックも使うのが安全性的にも有効です。

U字ロックって壊しずらいのでいいし、下のは軽いんです。

まあ僕はめんどくさいのでとりあえずさきほどのABUSだけで過ごすつもりです。

ボトルケージ

ボトルケージとはロードバイクでよく見るドリンクを入れておくロードバイクに取り付けるドリンクホルダーです。

レースに出るなら専用のものを買ってくださいと言いたいのですが、普段の街乗りだと専用のボトルを買うのもあれだし、専用のボトルを洗ったり、入れ直したりするのはめんどくさい。何より街乗りには何かが違う。

そう思う人も多いと思います。

何より、ペットボトルや自分の水筒を入れたいと思う人はこれがおすすめです。

ただこれの白いタイプもあるのですが、おすすめできません。なぜならブラックは金属なのに対して、白はプラスチック製なのです。最初は白を買ったのですが、しょぼすぎて黒にしました。

おすすめサイコン(サイクルコンピューター)

自転車を楽しみたいなら持っておくべき一品。

速度や距離、時間を把握することができます。

最近ではスマホのアプリで優秀なものもあります。

最初は初期投資したくなかったのでそちらのほうを使っていたのですが、一つだけデメリットがあったのです。

それはスマホの電池がすぐなくなるのです。

さすがにモバイルバッテリーを持っているとはいえ、運転中は充電できないのでサイコンを買ってしまったわけです。

サイコンでは、高いものとなると心拍数なども測ってくれるものもあります!

チャリガチ勢にはケイデンス(どれだけペダルを漕いでいるのか)というホイールの回転量も測ってくれるのもある。

これには有線型と無線型があるのだが、もちろん無線型をおすすめする。

有線型のメリットは安いくらいなのであるが、いろいろとめんどくさいので無線型を買おう。

ノーマルタイプでおすすめサイコン

ケイデンス(回転量)が計測できるものでおすすめサイコン

心拍数も計測できるものでおすすめサイコン

どれにするかは本当に好みによる。

単純にどれくらい距離を進んだのか、最高時速はこんなにも出るのかといったことがわかるだけでも楽しいし、いまどれだけ回転数があるのか(これはガチ勢向け)、最後に健康に関心がある人は心拍数もわかると面白いし、有用だと思います。

パンクキット

意外とこれはおすすめ。

普通のママチャリよりもタイヤが細いだけあって、パンクする可能性は少なくない。

いちいち、自転車屋を探すのも面倒だし、高い。

そんなときのために、自分でパンク修理できるようになるべきだ。

パンク修理はやってみるとめちゃめちゃ簡単です。

そしてパンクキットも安いし、これから自転車のパンクは自分で修理できるようになるので大きいですよ!

空気入れ

チャリ旅など遠出しないなら大きめのを1つ。

チャリ旅をするなら小型もあったほうがよい。

そして空気入れはロードバイクで最も大切と言って良い。

ロードバイクで一番イヤだと思うところはパンクしやすそうというところだろう。

しかし、きちんと定められたタイヤの圧にしておくだけで、だいぶパンクの可能性は小さくなるぞ。

ただし、段差にめちゃめちゃ乗り上げるとかしているとすぐにパンクするよ。

私はこれまでずっと使っていて、パンクはまだしていない。

これは自転車屋の人にも結構びっくりされたが、おそらく空気入れを定期的にしているからであろう。

選ぶポイントは

  • 仏式バルブに対応しているか
  • ゲージ(圧力を計るもの)がついているかどうか

以上を踏まえておすすめがこれだ。これはコスパが高い。

そしてチャリ旅をする場合は小型も買うべきだ。

何もないようなところでパンクすると空気入れが必要だ。

私もいつも携帯しているが、いざというときに役に立つ。

スマホホルダー

これは付けていない人も多いのだが、スマホホルダーは絶対に買うべきマストなものである。

なくても別に大丈夫ではあるが、あるとめちゃくちゃ便利だぞ。

グーグルマップを簡単に見ながら自転車を運転できるのでナビ状態になる。

ただ便利すぎて携帯いじりながら運転すると事故のもとなので注意。

友人も私が使っているのを見て一気に2つ買っていた。(2つ買ったのは本当に謎)

以上、ロードバイクを買うと同時に買っておいた方がいいグッズ紹介でしたー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です