Amazonがセールで安くなっていてお得だぞ!

アドセンスの関連コンテンツが広告が使えるように!PVの基準・独自ドメインは必要?収益は?

こんにちは。Kaito(@kazuka000)です。

アドセンスのページ画面を久しぶりにじっくりと見ていると、収益改善のところに何やら見かけない文字を発見!

ついにGoogleアドセンスの関連コンテンツを使えるようになりました!

Googleアドセンスの関連コンテンツ機能とは

関連コンテンツは、サイトを閲覧しているユーザーに向けてサイト内の関連コンテンツを簡単に宣伝できる無料サービスです。ユーザーにとって関連性が高いコンテンツが増えるので、サイトのページビュー数や滞在時間、ユーザーのリピート率、広告表示回数が向上し、広告収益の増加が見込めます。出典:関連コンテンツ機能について – AdSense ヘルプ

関連コンテンツはよくある「関連記事」「あわせて読みたい」とあるものですね。

僕のブログで表示されているのだと下のようなものになります。

f:id:interactive000:20170917193845p:plain

関連記事コンテンツユニットのメリット

アドセンスの説明によると、

「平均的なおすすめの関連コンテンツでページビュー(PV)が9%、滞在時間が10%向上します。」とあります。

なかなか魅力的な数字です。

また、この関連コンテンツの記事に広告を表示できる点ですね。

これが最大の特徴であります。

ただし、基本的なブログだと関連記事を表示している方が大多数だと思われるので、関連コンテンツによるPVと滞在時間が増加するメリットはたいして変わらないと思います。

むしろ関連記事の精度的にはミラードや標準の関連記事機能のほうが高いように思われます。

ここはGoogle大先生には頑張ってもらいたいですね。

されど、関連コンテンツ記事内に広告を紛れさせることができるのは大きなメリットですね。

僕個人的な意見として、様々なブログを見させていただいていて、このタイプの広告を思わず押してしまうことが多いのかなと思います。

関連コンテンツ広告を掲載できる条件・基準は?

関連コンテンツはアドセンスの審査が通ればすぐに使えるものではありません。

また、別の審査があり、その条件に達すると、関連コンテンツ使っていいよという連絡がきます。

まあ、いわば選ばれた人だけが使える広告タイプということですね。

f:id:interactive000:20170917200621p:plain

この上から順にレベル1、2、3として考えると

最初はレベル①の「現在関連コンテンツユニットを利用できません」

関連コンテンツが使えるようになると②の「関連コンテンツユニットが利用できます」になります。

レベル②と③の違いは、実はレベル②だと関連コンテンツ自体は使えるのですが、関連コンテンツ内に広告が埋まっていない状態なんです。

ただ単に、ミラードのような関連記事が作れるというだけです。

レベル③の「関連コンテンツユニットを利用し、おすすめの関連コンテンツの間に広告を表示できます」となって初めて、関連コンテンツ+広告という最強タイプのアドセンスとなるわけです。

実は、この関連コンテンツが使えるようになる基準・条件は明確に表記されていません。

よく、〇〇PVで関連コンテンツが使用できるようになりました!みたいな報告があると思いますが、

あれ?俺のほうがPV多いのになんで俺は使えないねん!!

みたいなことを感じているブロガーさんもいると思います。

実際僕もそうでした。

なんでこの人は使えるねん!!俺も使いたいのに!とジェラシーを感じていることもありました。

でも条件ってどうなんやろ?

多くのブログでこれくらいのPVが必要だろうと様々な憶測がたっています。

これらをまとめた上で、個人的見解を述べたいと思います。

条件1

  • 独自ドメインを取得しているかどうか

最近、独自ドメインに変更したのですが、急に使えるようになりました。

(独自ドメインに変更しての変化もまとめる予定)

そのため、独自ドメインの取得が一つの基準ではないかと考えました。

たしかに、最近では独自ドメインを取得していないとアドセンスの審査が通らなくなったことを考えると筋が通ります。

僕は独自ドメインでなくても入れる時代でアドセンス通過している人だったので、無料ブログのままだと使えないのかもしれません。

条件2

  • PV数

前までは、月間10万PV必要だとか、なかなかにハードルが高いものではありましたが、ネットやTwitterで調べていると、1万PVに足りてないブロガーさんでも関連コンテンツが使えるようになったそうです。

平均的には1万PV以上あれば、関連コンテンツが使えるように条件が緩和されたと予想されます。

ただし、関連コンテンツで広告が使えるレベル3の状態になるためには、

月間PVが5万~10万PV必要ではないかと思います。

おそらく、緩和されたのは関連記事を表示できる機能だけは、できるだけ万人に使わせてあげようというGoogle大先生の配慮ではないだろうか。

ちなみに僕は、関連コンテンツは使用できるようになりましたが、広告が表示される段階ではありません。。。

つまり②の段階ですね。

早くレベル③になりたいものです。

インフォード広告と記事内広告

f:id:interactive000:20170918181750p:plain

この関連コンテンツが使えるように画面表示されているときに気づいたのですが、

Google大先生が新広告であるインフィード広告と記事内広告を掲載していました。

インフォード広告とは、記事一覧ページに広告を挟むことができるものですが、

はてなぶろぐでは今のところ未対応のようです。(無理やりはさむ方法はある)

記事内広告は以前のディスプレイ広告とほとんど変わらないのですが、より適した形で広告を記事内に表示するようにしたものです。

とりあえずインフォード広告は、はてなぶろぐの対応に期待です。

こういうことあると、Wordpressに憧れてしまいますね、https対応しかり。

f:id:interactive000:20170918182445p:plain

記事内広告は、上の画像のようにより記事になじんだ広告となっています。

もっと見ると表示されているように、誤クリックを防ぐようにしているように思われますね。

みなさんも新広告使ってみましょう!収益率はどのようなものかまだわかりませんが。

以上、関連コンテンツが使えるようになったご報告で

【はてなぶろぐ】独自ドメインに変更した影響は?|アクセス数・順位の変化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です