買ってよかったおすすめグッズはこちら!

AppleWatchよりも快適?HUAWEIウォッチGT2を購入レビュー!

こんにちは。Kaito(@kazuka000)です。

社会人も慣れてきて、時計もちょっと良いもの使おうかなと思い、いろんなブランドを物色していました。

独身のうちじゃないと、お高いブランド時計は買えないよ。。。
と家庭のある多くの諸先輩方にアドバイス?忠告?されてGrand Seikoを購入しようと思っていた矢先、なんとスマートウォッチに格好良い時計を発見!!!

ただ、スマートウォッチって毎日とは言わないが、
「何日かに一回は充電しなければならないという認識でしたので、めんどくさいなー。」
「もっと時計っぽいのだったらいいのになー。」
と思っていたところ。。。

  • なんと2週間もつけっぱなし可能!
  • デザインも完全に時計でかっこいい!

というスマートウォッチのジレンマを克服したHUAWEI WATCH GT2は僕の好奇心につきささりましたね。

後でご説明しますが、どうせなら多彩なシリーズの中でも一番良くて、かっこいいやつにしようとチタングレーの高級感満載モデルの発売を待ち、購入しちゃいました!!

HUAWEI WATCH GT2を選んだおすすめのポイント

HUAWEI WATCH GT2を選んだおすすめの特徴をまとめてみました。

以下の特徴を個別に見ていきたいと思います。

  • 圧倒的なバッテリーの持ち
  • 高級感のあるデザイン&時計らしいデザイン
  • 心拍数から睡眠ログまで取れる
  • ランニングなどワークアウト機能も充実で水泳にも使える
  • スマートウォッチらしい通知の利便性
  • 市販ベルトも使えるカスタマイズ性の高さ
  • 単体での音楽再生が可能

2週間も電池が持つ

HUAWEI WATCH GT2のウリは驚異のバッテリーのもちです。

HUAWEI WATCH GT2には46mm/42mmの2モデルがありますが、今回僕が購入した46mmモデルであれば約2週間にわたり充電なしで使用することができます。

Kaito

最大2週間もバッテリーが持つのはとてもありがたい。。。

ランニングや水泳などワークアウト機能を使用するとGPSを使うためバッテリーの持ちは悪くなってしまいますが、普通に時計として使用しているだけだと2週間くらいはもちますね。

心拍数から睡眠ログまで計測できる

HUAWEI WATCH GT2 心拍数計測

ライフログがとれるのは、本当に便利です。この写真の通り、裏面で感知しているそうです。

今回購入するにあたって絶対に欲しかった機能が睡眠ログです。

AppleWatchにもアプリ連動でありますが、夜の間に充電しなければならないことを考えると現実的ではありません。

今回のHUAWEI WATCH GT2では充電が2週間も持つことから、夜の間に充電することが必要なくなったため、楽に充電を気にするこなく利用することができます。

実際の睡眠計測データは以下の通り、スマホに出てきます。

ここまでが、その日の睡眠データです。

このデータがたまると下記の通り、週毎、月ごと、年ごとでデータを一覧で見ることができます。

スマートウォッチで計測したデータをアプリを開くと同期が開始します。

スマートウォッチ単品だと何時間寝たのかはすぐに分かりますが、上記スマホアプリに送られたデータだと深い睡眠、浅い睡眠、レム睡眠がどれくらいの時間とれているのか見ることができて便利です。

これで睡眠がしっかり取れているのか目安とすることができます。

一つ文句言うとすると、同期に時間が少しかかることくらいですかね。

HUAWEI WATCH GT2心拍数

心拍数もその都度見えるので便利!
怒られているときやドキドキしているときに心拍数見れると面白いですね。

また、山だったりランニングから旅行まで、自分がどのようなルートを通ったから全部ログを取ることができるのも嬉しいです。

デザインがかっこいい&高級感がある

HUAWEI WATCH GT2 チタングレー

従来のスマートウォッチの四角タイプものがあまりタイプではなかったため、敬遠してたのは正直あります。

しかし、このファーウェイのスマートウォッチは時計らしさを残したスマートウォッチなんですね。

時計らしいデザインが僕のこころをくすぐりました。

HUAWEI WATCH GT2シリーズ

今回僕が購入したモデルはエリートモデルとなります。

同じ46mmのモデルだとスポーツモデルとクラシックモデルが他にあります。

46mmがより時計らしいデザインとなり、42mmだと丸みを帯びたより可愛らしいデザインとなります。

僕が購入したエリートモデルはチタンの質感からやはり高級感漂い、ビジネスのシーンでも違和感のないモデルとなるので社会人に特におすすめです。

22mmのベルト幅なので、市販のベルトが使える

各モデルによって、ベルトの種類が異なりますが、クラシックとエリート/エレガントには交換用のフルオロエラストマーベルトが付属しております。

このゴムベルトであるフルオロエラストマーベルトがめちゃくちゃ優秀です。

軽くて、臭くもならない素材になっていてずっとつけていても違和感がありません。

またまた22mmのベルト幅となるため、市販の腕時計用のベルトも使用できます。

Aya

Kaito

このカスタマイズ性の高さが嬉しい!

有機ELディスプレイの発色はきれい!

HUAWEI WATCH GT2 文字盤

有機ELディスプレイになっているので、発色もよくきれいで、昼間の明るいところでも視認性が抜群なのが嬉しいです。

通知も読みやすいです。

スマートウォッチの通知は便利

HUAWEI WATCH GT2の通知

HUAWEI WATCH GT2のレビューを見ていると、LINEの中身を見ることができないので不便という口コミを見ていて不安でした。

しかし、実際に使ってみると、LINEの中身もHUAWEI WATCH GT2で普通に見ることができます。

ぶるぶる通知が来てうっとおしいのであれば、通知機能を制限できるので大丈夫ですよ。

僕はiPhoneで使用しているので、iPhoneユーザーも安心してください。

Bluetooth通話機能

スマートウォッチで電話をかけることや受けることができるのです!

Androidのみと思っていたらiPhoneでも使えます!すみません。

このスマートウォッチのみで受け答えできるのは便利ですね。

ただ、使ってみると遅延は全然ないものの、スマホほどの音質のクリアさはないですね…

スマートウォッチだけで音楽再生ができる

ランニングやジム通いをする人に朗報です。

スマートウォッチに直接音楽を入れることができるので、スマホなしで快適な音楽生活を送ることができます。

まあ曲数は多くは入れることができませんが、、、
※内蔵メモリには最大500曲程度

さらにスピーカー機能がついており、スマートウォッチから音楽を聞くことも可能です。

これは要らないと思うんだけどな。。。まああれば便利なのかな。

ファーウェイスマートウォッチのデメリット

iPhoneを使用している人は少し機能が落ちるというのが残念。

アンドロイドだとフルに機能の使用することができるので、アンドロイドの人は気にしなくていいが、iPhoneの人は見てほしいです。

ストレスウォッチ機能が使えない

睡眠ログや心拍数以外にも、ストレスを監視する機能もHUAWEI WATCH GT2にはついています。

しかし、アンドロイド限定となっているため注意です。

文字盤のデザインが限られる

もともと用意されている文字盤でも十分なのですが、よりカスタマイズ性があった方が嬉しいのは間違いない。

アンドロイドだとより豊富にアプリから選べるのですが、iPhoneだけだと最初からオリジナルで用意されている文字盤しか使えないんですね。

これらはちょっと悩みましたが、そこまで重要な機能とは思っていなかったので「まあいいか」とスルーして使用しています。

HUAWEI WATCH GT2のまとめ

電子決済を時計でも使いたい、多彩なアプリを使いたいとなれはApple Watch一択です。

しかし、そこまでの多彩な機能がいらない、どちらかというと時計的機能のみ欲しいのであればHUAWEI WATCH GT2の方が優れています。

2 COMMENTS

大猫

音楽再生はiPhone不可でBluetooth通話はiPhoneでも可だったかと思うのですが間違いないでしょうか?
こちらも注文したけどまだ届いてないので羨ましいです(^-^)

返信する
Kaito

今、確認してみましたが、iPhoneでも通話できました!
店頭で聞いたときに使えないと言われて諦めて検証不足でした。申し訳ございません。私も使えることが分かって嬉しいところです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です