買ってよかったおすすめグッズはこちら!

ピークデザインのおしゃれで機能性抜群なカメラグッズのおすすめまとめ!【Peak Design】

ピークデザイン

こんにちは。Kaito(@kazuka000)です。

ピークデザインというおしゃれカメラグッズブランドをご存知でしょうか。

デザイン性だけではなく、機能性も備えたカメラグッズメーカーであり、これは知らなきゃ損です。

今までこのピークデザインのカメラグッズをちょこちょこ買っていますが、全て買ってよかったと思う商品がずらりと並んでいます。

おしゃれで、しかもカメラが使いやすくなる機能性抜群の商品をおすすめしていきたいと思います。

ピークデザインとは

ピークデザインとは元々クラウドファンディングのキックスターターで資金を調達し、有名となったアメリカのカメラグッズメーカーです。

独特な設計ですが、カメラを使用する徹底的なユーザー目線からのものづくりで使いやすさに定評のあるピークデザインです。

ストラップなど最初にカメラを買ったときに入っているグッズを新しく購入するのはなかなかもったいないかなと思っていましたが、このピークデザイン製品に変更して劇的に使いやすくなりました。

もっと早く買っておけばよかったと後悔していまいたのでここに記します。

ピークデザインの買うべきおすすめグッズまとめ

まずこれは外せないという商品から買ったら便利だなぁと思う商品まで紹介していきたいと思います。

かっこいい商品が多くて目が離せません。

アンカーとアンカーリンクス

ピークデザインといえばこのアンカーとアンカーリンクスは外せません。

※基本的にストラップなど購入した場合に付属しています。

この赤い丸いパーツがアンカーであり、カメラ側に取り付けます。

アンカーリンクスは要するに、アンカーの受け側ですね。

この2つがセットでスムーズな取り外しが可能になります。

カメラを長年使っていたら、ストラップ邪魔だなーと思うことありませんか?

カメラをバッグに収納するときであったり、三脚使っているときなど取り外ししたいなあと思うことがよくありました。

それがすべてこれらによって解消されます!

このピークデザイン製品を使用するようになってから、劇的に取り外ししやすくなり、めっちゃ便利になりました!

そして、こんなひ弱そうなアンカーですが、強度もばっちり!

ピークデザインのカメラストラップ「スライド」「スライドライト」

デザインもおしゃれなピークデザイン製品のカメラストラップであるスライドとスライドライトから始めることがおすすめです。

  • 一眼レフなど大きめのカメラにはスライド
  • 軽めのミラーレスなどには小型バージョンのスライドライト

特徴はおしゃれかつ機能的です。

長さの調整がめっちゃ簡単で、金具を持つだけでスルスルと長さを調整することができます。

細身のタイプのリーシュというモデルもあります。

この「スライド」ブランドの使いやすさは抜群すぎて完璧なのですが、1つ弱点があるそうです。

自衛隊の人に聞いたのですが、その人もほぼプロの写真家でこのピークデザインのカメラストラップ「スライド」を使用していたそうですが、超過酷な状態で使用続けていたときに肩当てパッド部分のゴムが溶けたそうです。

これが使いやすすぎたため、他のものを探すのにとても苦労したし、使いやすさはやはりピークデザインのものがピカイチだそうです。
逆にこの超過酷な状態っていうのが気になりますが、、、、

Peak Design キャプチャー


「Peak Design キャプチャー」は、装着する場所(リュックのストラップやバッグの肩紐等)さえあれば、抜群の安定性と利便性を発揮します。

重いカメラをずっと首からかけているとしんどいです。上記のスライドを使用するとななめがけで使用できたりと大変便利になるのですが、このキャプチャーを使うとなんと様々なところにカメラを装着できるようになるのです。


まずはリュックに装着できるようになります。リュックに装着すると取り出しやすいですし、負担も少し楽にになります。

山登りを良くする人にもおすすめのスタイルです。

カメラをいちいちカバンの中に収納する手間が省けます。

ただし、このキャプチャーの挟み込む力が強いのでリュックに跡が残りやすいので注意が必要です。

個人的におすすめなのが、写真のようにベルトに装着することです。

足・腰のほうが力が強いので、カメラの持ち運びの負担がぐっと減ります。しかもプロ感が出てかっこいいです。

しかも、最も取り出しやすい場所だと思うので、さっと脱着できて、すぐに撮ることが可能です。

また、アルカスイス対応プレートであるため、マンフロットなどの三脚にもそのまま取り付けることが可能です。

プレートを外さずに三脚に使用できるのはめっちゃ便利ですよ。もしも対応していなかったらいちいち外さなければならないですからね!

以前は「Peak Design キャプチャープロカメラクリップwith PROプレート CP-2」のみアルカスイス対応だったので僕はこちらを持っているのですが、最新のキャプチャーキャプチャーV3 はアルカスイス対応になったのですね。。。

>>>【参考】Amazonで「PeakDesign ピークデザイン キャプチャー ブラック CP-BK-3」を2.5%引きで買う方法

Peak Design キャプチャープロパッド

上記のピークデザインのキャプチャーを購入するならgば「Peak Design キャプチャープロパッド PP-1」を同時購入すべきです。

腰、ベルトに装着することがおすすめなのですが、そのまま装着するとベルトが痛んでしまいます。。。
プロパッドがあると体への負担や衣類への摩擦を格段に軽減してくれますし、安定感も増します。

最初は「なんやこれは、絶対いらんやろ」と思い、プロパッドなしで1日使いましたが、これはあったほうが絶対にいいと思いすぐに購入しました。
どうせなら一緒に買っておけばよかったと後悔しました。。。。

そんなに高くないのでぜひ。

ピークデザインのハンドストラップ「クラッチ」

その次はピークデザインのハンドストラップ。

このハンドストラップめちゃめちゃ口コミ評価がいいです。

おそらく単品での使用だと、ずっと手に持っていることになり疲れる場面も多いですが、ほかのピークデザイン製品と組み合わせることで、使い勝手が一気に向上します。

前述のピークデザインのキャプチャーがあれば、首からさげるストラップ(ピークデザインのスライドタイト)ってあんまり必要ではなくなるんですよね。

僕は両方使うことで負担を分散できるので使っていますが。

そして、キャプチャーをリュックやベルトに付けているとどうしてもストラップが邪魔になります。

これを解消できるのが、小回りの利くハンドストラップなんですよね。

持ち歩きの際はかばんに入れるって方にもおすすめです。

>>>【参考】Amazonで「peakdesign」を2.5%引きで買う方法

ピークデザインのカメラカバー「シェル」

大切なカメラを雨や雪などから守ってくれすSHELLです。

カメラのサイズに合わせてS,M,Lから選ぶことができます。

自分のミラーレスにはMサイズを使用しています。

SONY α7Ⅲのレンズキット購入レビュー|スペック最強のミラーレス 【レビュー】ソニーのSEL24105Gは最高におすすめな神レンズ間違いなし!

SONYのα7ⅢにSEL24105Gというズームレンズをつけていますが問題なく使えています。
※ズームした状態でははみ出てしまいます。

雨や雪景色で撮ることがあったときに、カメラがやっぱり濡れるんですね。
最初は100均のシャワーカバーを使用してなんとか代用していたのですが、ださいし使い勝手が悪いんですね。

そこで防水のカバーを探していたときに、このピークデザインのシェルに出会いました。※特にピークデザイン指定で探していたわけではないです。

完全防水ではないと書いていますが、撥水性抜群で思いっきり雨の中で使用しても問題ありません!

しかも普通のストラップだとなかでごちゃごちゃになるのですが、ピークデザインのストラップを使用していると、このシェルに穴が空いているので、そこからアンカーリンクスを出して、外にストラップをつけることができます。

まじで便利!

おそらく、この穴のせいで完全防水と書いていないのですが、外から入りにくい構造となっているので心配ありません。そのかわり、アンカーリンクスを外にだすときに少し時間がかかります。

また、いつもいつも雨のときに写真を撮ることがない、雨のときだけだと使用頻度も少なくてもったいないと思うかもしれませんが、僕はいつも保護カバー代わりにも使用しています!

1つあるとめっちゃ便利なのでぜひ!

ピークデザインのカメラバッグ「EVERYDAY BACKPACK」

最後にピークデザインから販売されているカメラバッグ「EVERYDAY BACKPACK」です。

かっこいいこともあって、最近都内でよく見るようになってきました。

ラインナップは20Lと30Lで、自分に合わせてサイズを選ぶことができるのがいいですね。

仕切りも自分流にアレンジすることができ、使いやすさから評判がうなぎのぼりです。

ピークデザインのおすすめグッズまとめ

実はまだまだ商品が残っていますが、これから揃えればいい!というものを紹介させていただきました。

おしゃれかつ機能性抜群のカメラグッズはなかなかないのでおすすめですよー。

唯一の弱点は少し高い!そしてストラップなど元々付いているのに、別に購入するの?と思ってしまうことですね。

僕も最初はそう思っていました。

なんかふと買ってみるかと思い、スライドから入ったのですが「なんでもっと早く買わなかったのか!!」と後悔しました。

なので、一回使ってみると世界観が変わるので、カメラ好きな皆さんにもぜひ味わっていただきたいですね。

最後に今回紹介した商品をまとめて終わりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です