買ってよかったおすすめグッズはこちら!

インドのおすすめの日本人ゲストハウス「サンタナバラナシ」に宿泊したぞ!

こんにちは。Kaito(@kazuka000)です。

バラナシ1発目のホテルのガネーシャはめちゃめちゃいいところでしたが、情報集めと人との交流のために、ゲストハウスに移動します。

やっぱりこういう旅が好きなんです。

サンタナバラナシはやっぱりおすすめのゲストハウス

道が複雑でしたが、なんとか到着。


サンタナに来るまで、いろんなところを通ってきました。
散歩だけでも楽しいのがバラナシです。暑いけど。
バラナシ
こんなとこや。

途中、看板ではなく壁に書かれた案内図や人に聞きながらなんとか到着。

サンタナ ゲストハウス

個人的にはサンタナデリーよりも良かったですね。

シャワーの水圧も強くてよかった。

インドの移動は鉄道になると思いますが、長距離列車用に弁当も作ってくれます!

安いし、美味いしよかった。

サンタナ・バラナシ

おすすめの日本人ゲストハウス

お部屋の値段

・男女別ドミトリー(冷房なし):一泊250Rs
・男女別ドミトリー(冷房付き):一泊350Rs

・個室A (トイレ・シャワー共同)
1人で利用:一泊400Rs
2人で利用:1人あたり一泊250Rs

・個室B (トイレ・シャワー付き)
1人で利用:一泊600Rs
2〜3人で利用:1人あたり一泊300Rs
4人で利用:1人あたり一泊250Rs

・デラックスルーム (テレビ・冷房・専用冷蔵庫・トイレ・シャワー・バスタブ付き)
1人で利用:一泊1,500Rs
2人で利用:1人あたり一泊750Rs

お金はかかりますが、バラナシ空港から、バラナシ駅から送迎サービスもありますよ!


ほぼ専属のインド人「バダル」がいるのが大きなポイント!

ここには日本語がうまい「バダル」というインド人がいて、色々ツアー開いていたり、情報をくれたりします。

基本的にこの人についていけばバラナシ旅行は間違いない。

サンタナバラナシ インド人

ちょっといかつい感じがしますが、サングラスの下の顔は優しいそうな顔をしています笑

ちょいちょい自慢話も入りますが、総じていい人ですね。色んな情報も教えてくれるし。

また、ここサンタナバラナシには情報交換ノートというものがあり、旅人がここに行った方がいい、〇〇したほうがいいと有益な情報が書かれています。

そんな中、情報ノートを見ていると、先ほどのサチモスは良くない疑惑が出ていました。

バダルにサチモスの写真を見せると「あっ」という顔に変わって、何て名前名乗っているの?と聞いてきた。

そんな質問が出てくるのにびっくりしたが、今回聞いた「キサン」と返答した。

おそらく名前を何個も使い分けているのだろう。ネットではラッキーという名前の報告が多いかな。

おそらくこの2人は勢力争いをしているんだろうな。

僕たちはどちらが良くてどちらが悪いのかわからないので、何かを買うにしても、その値段でいきと思ったら買うというスタイルに決めました。

翻弄されすぎるのも、時間がもったいない。

この話はまた後ほど。

サンタナバラナシのおすすめのところ

インド・バラナシのどこのホテルに宿泊すればいいのかわからない、、、

バラナシが初めてで全然わからないというのであれば、情報収集という目的も兼ねてサンタナバラナシはおすすめです。

  • Wi-Fiが無料で早い
  • シャワーの水圧が良かった
  • バダルツアーが最高
  • 立地は駅からは遠いが、ガート(ガンジス川)には近い
  • 共有スペースで交流かつ情報交換できる。
    (これはその時の人次第)
  • スタッフが良い。
  • 空港・駅からのピックアップがある
  • 電車チケットを代行取得してくれる
  • お弁当サービスあり(有料)

このようないいところがあるのですが、最初の一泊はこのような日本人宿をおすすめします。
その理由が電車のチケットを代行取得してくれるからです。
1つにつき300Rs手数料としてとられましたが、予約してくれるのはとてもでかいです。

駅で自分で取得する方法もあるのですが、時間がかかるので、頼む方が楽で確実です。

インドの列車は人気があるので、おすすめの方法は予約メールをした際に、ついでに予約をしてもらうことです。日本にいる間に予約してもらうほうが確実ですよ。

サンタナバラナシまとめ

スタッフのサービスもよく、日本人の味方のゲストハウスなので過ごしやすいです。

観光の拠点にもばっちりなところにあり、情報集めに活用する場所として最適。

個人的にここサンタナバラナシに半分常駐しているバダルのツアーがおすすめです。
別記事で書きますが、このツアーがよく、さらに欲しい物を言えば色んなところに連れて行ってくれます。

バラナシはクセがすごいので、面白い街ではありますが、きちんと情報を集めないと痛い目に合う可能性の街でもあります。

そこはきちんと必要な情報は集めて、バラナシを楽しみましょう。

1人でアメリカ横断した僕の海外旅行持ち物リスト【バックパッカー】 海外旅行のホテル予約サイトはどこがおすすめ?【徹底比較ランキング】 【厳選】保険付き!海外旅行におすすめのクレジットカード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です