【2017年】買ってよかったおすすめを一挙紹介!

【レビュー】ソニーのSEL24105Gは最高におすすめな神レンズ間違いなし!

こんにちは。Kaito(@kazuka000)です。

各社フルサイズミラーレス一眼レフを発表し、ミラーレス市場も盛り上がってきましたね。

そんな中、僕はSONYのフルサイズミラーレス一眼であるα7Ⅲを使っているのですが、ずっと欲しかったレンズがありました。

その欲しかったレンズは、じゃじゃーん「SEL24105G」です。
ボディを購入したときに、一緒に買いたかったのですが、お値段もそれなりにしますし、人気がありすぎて納期が2ヶ月~もかかってしまうというものだったんですよね。
せっかくのボディを買っても、レンズがない状態が2ヶ月以上も続くのは意味がないので、とりあえずキットレンズを使用していました。

しかし、キットレンズに文句はありませんが、やはり焦点距離が70mmまでしかないのは僕の使用上きついなあと思うことがしばしばあったので、どうしても欲しいという気持ちが抑えられなくなってきました。。。

そこで、めちゃめちゃ評判の良いSEL24105Gを6月後半にポチってやっと届きました!

SEL24105Gの仕様と開封の儀

来ました!このおなじみのオレンジ色の外箱!

わくわくしますねえ。

この同梱されている革ケースも高級感があっていいですね。

仕様スペックについて

  • 焦点距離:24mm~105mm
  • 最短撮影距離:0.38m
  • 開放絞り:F4
  • 最小絞り:F22
  • レンズ構成:8群9枚
  • 絞り羽根:9枚
  • 最大撮影倍率:0.31倍
  • フィルター径:77mm
  • サイズ:径83.4mm×全長113.3mm
  • 重量:663g
  • 防塵、防滴に配慮した設計
  • ナノARコーティング採用
  • 手振れ補正:レンズ内手ブレ補正方式
  • ダイレクトドライブSSM採用

※メーカーHPより

スペック自体は最高ですね。

GMレンズまではさすがに及びませんが、F4通しで、最短距離が38cmなので使い勝手がいいですね。

重量が663gありますので、ボディの650gと合わせて1.3kgほどとなってしまいます。

確かにキットレンズに比べると重いなあ。。。

本体外観

ついにGレンズが手に入りました。レンズの横にあるGのロゴがいいですねえ。

SEL24105G

やっぱりSONYのカメラはかっこいいなあ。

左側にはフォーカスモード、手ぶれ補正、フォーカルホールドのスイッチとボタンがあります。

フォーカスホールドボタンはボディ側でカスタマイズによって好みの機能が割り当てることができるのも◎

瞳AFを振り当てると便利になる予感!

α7ⅲに装着すると、手にしっくりきてバランスもいいです。

ズームをすると最大で5センチほど繰り出します。

ズームリングが少し硬いといったことをちらほら聞きましたが、キットレンズに比べるととても柔らかい。

ただ、確かにCANONを使っていたときのレンズよりは硬いかな。

デメリットはこれくらい?かな。特にそんなデメリットなほど硬くないしね。実機触ってもらったら問題ないことがすぐにわかります。

それよりも、このスペックでこの携帯しやすさはハンパないです。

クロップすれば24mm-157mmにもなるので便利です。

Eマウントレンズで最高のレンズ間違いなしです。

単焦点レンズかズームレンズか

単焦点かズームレンズのどちらがいいのかといった問題は難しいです。

結論から言うと、持ち運びを厭わなければ、すべて単焦点レンズで各焦点距離をカバーしたほうが写りは良いです。

単焦点特有のバシっとしたキレッキレの描写が得られるのはやはりなんとも言えません。

ポートレートをするならば単焦点のほうがいいと思います。

ただ、旅行など持ち運びという点を考え得ると、ズームレンズの便利さはハンパないです。

重くて、面倒で結局写真を撮らなくなるという人も多いので、そういった人にはズームレンズをおすすめします。

保護フィルターは何がおすすめか

カメラのレンズを買えば、ほとんどの人がフィルターを買うと思います。

しかし、光学的な設計において光の透過率など、フィルターをつけてしまうとスペックが落ちてしまいます。

でも、もしも傷がついたら、、、と考えると怖いですよね。

今回のSEL24105Gのような高額レンズとなると不安のほうが大きくなります。

なので、フィルターはつけないほうがいいというのはわかっていますが、保険としてフィルターをつけました。

※ソニーストアのワイド保証に入っているのでつけなくてもいいのですが、、、、

今回使用するのはマルミのEXUSシリーズです。

せっかくのいいレンズなので、保護フィルターをつけるならば反射率の少ないいいフィルターを使いましょう。

とりあえず、マルミのフィルターかケンコーのZXシリーズを使えば問題ないと思います。

SEL24105Gの競合レンズは?

最後に、SEL24105Gレンズと迷う競合レンズはタムロンの「28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)」ですね。

まず最大の特徴が安い!

キットレンズにするならばお金に余裕あるならこちらのほうがおすすめです。

もちろんこのタムロンレンズのほうが高いのですが、描写力はピカイチです。

あまり望遠側使わない!70mmまであれば十分!という方はこのタムロンのレンズがおすすめですねえ。

なぜか、焦点距離も全然違うのに、このタムロンレンズはSEL24105Gと比べられるんですよね。

焦点距離の長さ、AFの速さと正確さ、最後に描写力すべてSEL24105Gが優れていますので、迷わずSEL24105Gを選んでいいですよ!

SEL24105Gのデメリットは納期だけです笑今なら3ヶ月から4ヶ月ほどかかってしまいますので、早めに手配しましょう。

SONY α7Ⅲのレンズキット購入レビュー|スペック最強のミラーレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です